FC2ブログ
スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雑記 2016.04.28 (木)
ココナラも廃業したことであるし、こっちで暢気にブログでも、と思ったら熊本で震災である。
以前の東北の大震災の折もそうだったわけだが、こういう時期の記事はボクにはとても書き辛い。
ふざけているのもどうかと思うし、世間が深刻な気分であるというときに、真面目腐った憂鬱な話題も今さらだろう。
明るい気分になって欲しい、愛らしく心温まる癒やし系なもの、なんてのも、何か現実逃避や誤魔化しのようだ。
第一、そういうのはボクの趣味ではない。

ボクはたいがいのことを戯れ言にするし、実際、いつでも冗談みたいなことしか考えていなかったりする。
ま、少し真面目に語ってしまえば、ほんとうはかなり真剣なことを考えていたりも……しなくはないのだが。
しかし、本気過ぎるモノと言うのは概して常軌を逸脱しており、半ばは常に滑稽なものである。
密かに頭頂部を労る薄毛のおっさんの未練がましい感じであるとか、粗暴なまでに自分の可愛さにこだわる女子高生のマヌケな感じであるとか、長生きしてもあと数年、そんな老人が必死に銭にしがみつく姿であるとか。

そうまでしないとキミは楽になれないのかね

としか言えないものが、このブログをお読みの紳士淑女の身辺にも多々転がっているかと思う。
ボクの頭の中身もそういうのと似たようなもので、ボクは自分で自分が滑稽でどうしようもないのである。
従って、きっと真面目な話を書いたところで、それはやっぱり馬鹿馬鹿しいものになるしかにわけで――。
……この時節には不適切、不謹慎、そんな感じにしかなってくれない気がする。


ところが、そんなことを考えていると、最近、ココナラでお世話になった依頼者様らから、

アメブロはもう書かないのか

とのダイレクトメッセージをよくもらうようになった。
まァ、皆さんも気晴らしが必要なのだろうナ。
これもチャリティーみたいなもんだ、と思って書いてもいいかという気も……するのだけれども。

どうしたものなのかしらネ。
スポンサーサイト
雑記 2016.04.23 (土)
せっかくこっちへ引っ越したのに、長々と更新を放置してしまった。
本来のボクのブログの恒例なのだが、まずは言い訳からである。

実際、何度か更新しようとは思ったのダヨ。
しかし、こう……ココナラ撤退、アメブロの記事削除について、結構なんてものではなく問い合わせが相次ぎ……。
思った以上にBASEのほうにも対面そのほかのご依頼があったりした。
やはり、値上げにトンヅラ、これにはちょっとした後ろめたさもあるもので、いろいろと訊かれると、

なんてお返事しようかしら
なんてお返事しようかしら
なんてお返事しようかしら

とドギマギ、「面倒臭くなったので止めちまったョ」なんて言うのも……、さすがにデリカシーに欠ける。
だってそうだろ。
ご依頼者さんのことを、キミは面倒臭いのョ、なんて言ってしまうようなものなのだから。
むろん、問い合わせをくださるほどの我が相棒らに、面倒臭い人物があるわけもナイ。
なんで撤退した、と言われて、ボクにやましい話があるでなし、堂々、面倒臭くなったので、と言ってしまってもいいかとは思うのだけれども、しかし、人の気持ちってのはナ……そう簡単に理屈で割り切れるものでもなし。
一応、はっきり書いておくけれども、面倒臭くなったのはご新規様で、我が相棒らではないので。

四月の中旬ぐらいまで、ココナラ疲れを癒しつつ、チンタラチンタラやっていたら、だ。
熊本で震災だろう。
ボクの大事な大事な我が相棒の中にも、被災してしまった人があるわけで、それを承知でバカ話を垂れ流しにするのもどうかと思う。
だからと言って芸能人やらのように、やれ大変ダ、ソレ心配ダ、募金ダ援助物資ダ、なんつって書くのもナ……。
あれぐらい混乱していると、援助や善意を受け入れる余裕すらない、という格好なのではあるまいか。
当事者でもない人間は、せめて邪魔にならないよう慎みたいものである。

……というようなわけで、ブログに書くことがあんまりないんだ。
戯れ言は、もう少し落ち着いてから、だろうな。
雑記 2016.03.12 (土)
前回のぶりのアラでやった卯の花は甚だ美味だった。
しかし、まだちょっと、醤油と砂糖の加減に若干の……改良の余地を感じたことも事実である。
そして、その卯の花は、今日の晩飯で尽きる。
と言うわけで、このままでは明日に喰う卯の花がない。
性懲りもなく改良版を製造すべく、さきほど土曜日のタイムセールを襲撃してきた。
天然ヒラメのアラ、鮭のアラでやるともっとウマそうだ、とも思ったので、そこらのブツを物色しに行ったのだが、残念なことにやはりぶりしかアラは並んでなかった。
またぶりでやるか、と思ったところ、その脇にぶりの切り身200円、を発見。
おそらくは刺身を取ったときの切れっ端、アラ、とするには惜しい、しかし、切り身でございます、とするのも憚られる、そういう感じの山盛りパック、このようにご理解いただきたい。
正直、アラの卯の花は……もう少し魚肉っぽい感じが欲しかった、というのもあり、それにした。
ウハウハ小躍りしながら豆腐のコーナーを覗くと、なんとおからが半額
有頂天で帰って来たところである。
むろん、ニンジンは金時ニンジン、ぬかりなくちくわも食品添加物のない四本68円のものを手に入れた。
今からさっそくに処理してみようかと思う。

四十代のおっさんがこんなツマランことでウキウキするのもどうかとは思う。
しかし、生活を楽しむとはつまりこの程度のことではないのか、そんな気もする。
というか、無一文になってからのほうが生活が愉しく、体調がいいとは何たることであるか?
貧乏もやってえみるもんだナ。
悪くないョ。
ウンウン。
雑記 2016.03.10 (木)
今日はぶりのアラを50円で買った。
たくさん売っていたから、ぶり大根でも、と思ったのだが、最近は「おから」に夢中である。
正直、スーパーで買うせいか、あんまりお安いとは思えないのだが、ほぼ白米の代用品のように
喰っていると、身体が軽くて気分がイイ。
完全に精進料理のような卯の花ばっかり作っていて、チョット飽きたから、今日は魚のアラを探したのダ。
あとでじっくり作って愉しんでみようかと思う。

それはそうと、伊集院光のラジオ放送で知ったことなのだが、魚類を「さかな」と呼ぶのは日本語として間違っているらしいナ。
「さかな」とは「肴」、酒の肴のことであり、要するにご馳走、ウマいもの、おかずのことらしい。
古来より日本で動物性タンパク質と言えばつまり魚介のことである。
酒の肴のご馳走と言えば魚肉、というわけで、魚類一般を「さかな」と呼ぶようになったとかナントカ。
従って、魚類は「うお」とするのが正しい日本語なのだそうで、アレを「さかな」とするのは間違いらしい。
「さかな」とは酒の肴のことなのであり、魚類のことではないのである。
ま、一万円札のことを「諭吉」と呼ぶのは正しくなくて、一万円札だとか日本銀行券だとか、法定通貨と呼ぶべきである、こんなような話だナ。

ボクはこの歳まで、小説なんぞをやっている癖にぜーんぜん知らなかった。
伊集院光を見直したゾ
雑記 2016.03.04 (金)
去年の末から作品を書きたいという意欲だけはあった。
そして、これぞ、と思うネタも思いついていながら、ついついサボってしまい、気がつけば三月である。
サボってしまった、というのは適切ではないかもわからない。
実は、書いても書き切れない、きっと何かしら不徹底な作品になりそうである、そんな「予感」があった。
だからズルズルと書かないまま、今日という日を迎えてしまったのだ。

どういう予感であるか、それは大変に書き辛い。
問題は僕の中にある美意識の分裂である。
僕の作品はとても極端なものになりやすい。
悲劇的で美しい作品になるか、超お下劣でナンセンスになるか、どちらかである。
ちなみに、一本だけ、悲劇的に美的、それでいて腹筋が崩壊するほど面白い、というのを書けたことがあるのだが、この作品は、商業出版を前提する場合、おそらくはテーマが深刻に過ぎて一般大衆には受け入れてもらえないだろう、という気がした。
事実、非常に評判は良かったのであるが、読んだ人の感想と反応はあらゆる意味で真っ二つだった。
不道徳極まりない、絶対に許せない、という人と、人間存在の真理を突いている、という人と。
とても厳粛な気分になってしまった、という人と、小説を読んでこんなに笑ったのは初めてだ、という人と。
僕としては人間の宗教性、永遠性への渇望が、時に滑稽至極で切ない、ということを描いてみたに過ぎなかったのだが、大多数の人にとっては甚だ残酷な仕上がりで、あれはプロ志向の作品として失格だったろう、と思ったかしら。
つまり、僕はまだ、十分に納得できるものを一度も完成させたことがない、と言ってもいい。

悲劇的な作品を描くと、読みたくない人も多いだろうな、と思ってしまう。
お下劣ナンセンスをやると、それが僕にとっては、実は「誤魔化し」「照れ隠し」「詭弁」「逃げ」でありやすい。
そもそも「笑い」というのは「ストレスと緊張の緩和」なのであって、ユーモアというのは常にある種の妥協、誤魔化しだ。
僕が小説に描く「笑い」、ユーモアにも多分にそういうところがある。
どうも初手から腰が引けている感じ、何か世間に遠慮のある感じ、媚びてしまっているというか。
阿諛追従の輩の醜悪さ、というべきものが文面全体に滲んでおり、僕は自分のこの種の作品が、実はあまり好きでない。
しかし、やっぱり、書いているとどうしてもユーモアを書いてしまう。
真剣で重厚なものを書いていると、

なんか恥ずかしくないか

そんな気分になってくるのだ。
本気過ぎるその感じ。
ひどく羞恥心が刺激されてしまい、書くのが嫌になる。
もっと言えば、それを読んで「泣いた」なんて聞かされたりすると、一応、僕は至極鷹揚に、そうかね、それは嬉しい褒め言葉だね、なーんて言いながら、腹の底ではいつもこう思っている。

もう勘弁して欲しい
穴があったら入りたい


こんなこと、真面目に考えている自分、書いてしまった自分、なんだか陶酔してそうな。

ああ!
見たくない
見たくない
見たくない


こういうわけで、僕の作品は、いつも悲劇と喜劇の間を間断なく往復するのだ。
そして、たいがい不徹底である。
どれもこれも、最終選考の一歩手前で落ちてしまうのは、きっとこの中途半端さのせいだろう。
審査をやった連中が実際どう思ったのか、それは僕にもよくわからないが。
少なくとも僕が審査員なら、ヘラヘラ笑いながら、

こいつは人間が弱い

と言って落とすかと思う。

……桜の咲く頃には、どうにか冒頭の一文が完成すればいい。
そう思いつつ、凝りもせずに書き始める用意を始める今日この頃である。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。