FC2ブログ
スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歴史とか 2016.02.28 (日)
京都御苑のことを「御所」と呼ぶ人があるが、正確に言えばそれは間違いである。
御所というのは天皇、皇太子と同格の皇族の居所のことを言う。
まったくありえない、馬鹿馬鹿しいたとえ話をしてしまえば、たとえば、僕の巣穴は潜水艦の兵員居住区みたいなボロい2Kなわけであるが、畏れ多くも今上陛下がここへ遷幸なさり、

「朕はしばらくここを住まいとしたい」

と仰せになったら、僕の巣穴は「御所」になる。
これもありえないことだが、皇太子殿下が四条河原町のネカフェを大いにお気に召され、そこを定宿となさるなら、そのネカフェが東宮御所、ということになってしまうのである。
どっちも絶対にありえない話だが、極端を言えば「御所」とはつまりそういうことなのだ。
今の陛下のお住まいは例の江戸城跡の皇居であるから、京都御苑を御所と呼ぶのは適当ではないだろう。

平安京とは王城の地、万乗の君の宮殿があってそこに王朝文化が花開き……そんなイメージかと思う。
少女漫画の「あさきゆめみし」なんかの世界を想像する人も多かろう。
そして、その舞台となった大内裏は……と書きたいところなのだが――。

平安遷都から100年ほどで大内裏はすでに廃墟

本格的な律令国家が始まった直後、大内裏は衰退して放棄された格好、と申し上げたらどうだろう。
平安朝の絶頂期の有名人、と言えば藤原道長が筆頭かと思うが、彼の生年は966年、没年は1028年である。
この道長は若い頃に同僚と大内裏で肝試しをやり、たしかに奥まで入った証拠に殿舎の柱を削り取ってみせた、そんな話があるどころか、畏れ多くも、この万乗の君の宮殿の礎石を抜き取り、己の邸に転用したのだ!
もちろん、それには帝の勅許もあったにせよ、である。
道長の頃の大内裏は、もうどうなってもかまわない、とすっかり見捨てられた廃墟だった、こういうことだ。

では、なんで大内裏がそんな扱いで、再建されなかったのか?
この件については、一応、保元の乱の後に、少しサイズダウンして一時期復興したことはある、とは書いておく。
しかし、すぐに焼けてしまい、それからはやはりそのまま放置されたらしい。
大内裏の再建がなかった理由は様々の言い方がある。
それらを読んで僕がどう思うカ、まったくの独断と偏見、と断った上で書いてしまえば、

大内裏は必要がなかった
すでに用済み


こういうことかと思う。
隣国の隋や唐に倣った平安京の建設は、明らかに外交を意識したもの……他国の使節に見せつけて、どうだ、日ノ本は立派な律令国家だろう、と見せつける目的であったフシがある。
ハリボテっぽいあの羅城門、使節団をもてなす鴻臚館なんぞは遣唐使廃絶のあと、いきなり廃墟である。
遣唐使廃止は894年、遷都からジャスト100年目だ。
そして、それと同時に大内裏も廃墟になっている。
この頃の唐は内乱状態、渤海の連中はカネ儲けの話しかしない、という具合。
まともに外交をやる相手がいなくなったことでもあるので、国家の対面も何も必要がナイ。
中央集権国家ぶりっ子はもうイラネ、ということで、無駄に大仰な大宮殿、大内裏も用済みになった、そんなところだろう。

では、大内裏がダメになった後、御所がどこにあったのか、と言えば、これはもう、あっちこっち、としか言えない。
その時々の権力者、つまりは摂政関白が万乗の君を「お世話申し上げる」ということで、自邸にお向かえして、そこを「御所」としていただいていた……早い話が居候である。

どこが御所であったか?
この件については、摂関政治、あるいは院政などという面倒臭い話をしなくてはならない。
至極大雑把に書いてしまうと、この頃の帝は、必ず親孝行者でなくては許されなかった
親すら大事にできない奴が、なんで臣下や有象無象の臣民を大事にすることができるか?
親孝行もできない帝なんて、帝王の資格がそもそもないのだ、とばかり、この頃の帝は必ず親孝行であることを……ここまで書いて終っていいだろうか、いや、実際そうだから、ばっさり書いてしまおう。

ほぼ強要されているレベルで

親孝行を求められていたと言っていい。
制度上の権限の問題、道理のことはともかくとして、帝は親には絶対に逆らえない格好だった、と申し上げたらどうか。
もし、帝が親を蔑ろにするようなら、それは徳目を大事にできない、帝王の資質に欠ける人物なのであって、そのように見なされた場合、帝が玉座から引きずり下ろされておしまいになる、それぐらいの状態だったのだ。
自然、帝の御父君、父宮は、帝に言いたい放題、それに帝は逆らえないから、帝よりもエラいことになってしまい……摂関政治なら、帝の外戚が絶大な発言力と権限を掌握する格好になった。
早い話、関白が自分の娘を帝の后にして、皇子が授かれば次にその皇子が即位、すると関白は帝の直系尊属、絶対服従しないとイケナイ相手、ということになって、関白が事実上の為政者のようになるわけダ。
院政はこの変形である。
外戚を持たない三条帝が即位した途端、朝廷はにわかに天皇親政のような状況になった。
そこで三条亭は我が子に帝位をお譲りになって隠居、宮廷の外から帝を後見……帝に「親孝行をやらせた」。
人臣の外戚ではなく、こっちは太上天皇の父宮であるから、その説得力は抜群だ。
それで摂関政治は突然に終わってしまい、以降、上皇が権力を一手に握る格好になった、これが院政である。
摂関政治、院政とはこんなような話だと思えばいい。

こういうわけで、平安中期以降の朝政にとっては、誰が帝に父権を行使するか、これが極めて重要だった。
父であるからには、我が子の面倒をみないと格好がつかない。
そういうわけで、帝の父が変わると帝の「御所」もコロコロと場所が変わったのである。
これを「里内裏」という。、
平安時代の帝は案外肩身の狭いお立場だった、このように言えそうである。
スポンサーサイト
大占術 2016.02.26 (金)
今年の1月ぐらいから、僕はひどい不眠に悩んでいた。
日に3時間ぐらいしか眠れなくて、昼間も眠気と倦怠感が抜けてくれない。
いい加減、辛くなってきたので医者でデパスを処方してもらい、この三日ほどは毎日8時間睡眠である。
デパスのせいだろうか、今日はユルユルの電波な頭でいい加減なことを垂れ流してみたい。

もう占い師なんぞ辞めようかしら

これが僕の本音だったりする。
本気も本気、大真面目にやったら占星術なんて、ひとつの鑑定で三日も四日もかかる。
それで出て来る鑑定結果と言ったら、たぶん……かなり深刻……だ。
どうしてって、鑑定を必要とする人はいずれ悩んでいる人だろう。
それがホロスコープに出る。

依頼者さんの鑑定の話は守秘義務のことがあるので書けないが。
これは僕の両親のホロスコープの話だが、二人とも「自殺」と「殺人」の暗示がある。
人生、殺るか殺られるか、実際二人ともそういうセンスで、嘘も暴力も何とも思わない人間である。
末期の肝硬変で余命三年を母が宣告された折、父はもう母の看病をしなかった。
実家の冷蔵庫には酒とスーパーの惣菜、天麩羅屋フライしか入っておらず、家の中はゴミ屋敷だった。
どうにかしてやろう、と僕が言うと、「カネがもったいない」「オマエがカネ出してくれるんか」。
それどころか、僕には母のところに二度と来るな、会いたいならオマエの預金通帳と印鑑を持って来い、このようなことを言う始末で、次の瞬間、父は実家の鍵を二重に強化した上、窓には鉄格子をつけてしまった。
母に、このオトコと縁を切れ、と言ったところ、「お父さんと仲良くしてくれ」としか母は言わなかった。
それどころか、「お父さんの言う通りにして欲しい」とさえ言うのだ。
まもなく母は死んだ。
医師に告げられた余命を二年以上残しての、突然の死だった。
これを飲まなくては生き続けられない、と言われる薬は、一切手つかずのままだった。
精神的な殺人、消極的な自殺、そういうことになるかと思う。
僕はこの父を一切許すつもりはない。

余談をすると、母の死期について、僕は鑑定をしており、予測に1時間と違わず母は世を去った。
「生きる意志を受け入れる者があれば助かる」
このような暗示があった。
しかし、鬼畜みたいな亭主が鉄格子をかけた実家に、僕が自分の雀の涙の全財産を捧げるというのもどうかと思った。
実際、僕が母に親孝行だったのは、実を言ったら、僕が母に母子の情を感じたことが一度もないから、でもある。
幼児の頃、母から育児放棄を喰らった僕は、3歳ぐらいまでまるで他人のおばあちゃんに育ててもらったという経緯がある。
今でもこの人のほうが母親のような感じがしており、この人から無理矢理引き剥がされて、母にお人形サンみたいな扱いで猫可愛がりされ続けるようになってからも、母には違和感しか感じなかった、とだけは書いておこうかと思う。
母の僕に対する執着、というものは、女の意地、母親の意地、生き物としての本能、そういうものでありこそすれ、僕という人間の幸福であるとか善であるとか、精神的、形而上的な価値には一切無縁の情でしかなく、僕はこの女にいつも悩んでいたと言っていい。
しかし、その情の部分を拒否することはいかにも簡単で、短絡的に過ぎる、それも含めて人間ではないか、このように思う僕は、違和感だらけであろうとなんであろうと、これが自分の母親なのだ、と彼女の望みの通りに親子をやってきた、というわけなのである。
出来ればもう解放して欲しい。
そうした思いが僕になかったと言えば嘘になる。
その意味では、僕は母の生存への意志を受け入れなかった、このように言えるのかもしれない。

ちなみに、僕が一切許すつもりのない父は、今、完全に孤独な状態である。
親族にも僕の実兄にも相手にされていないようである。
先日、嫌がらせのような葉書が届いたのだが、必死に筆圧を保って書いた様子が文字から読み取れた。
しかし、文章は誤字脱字だらけ、しかも文章の論理的整合性がまったく破綻していた。
いかに人間に相手にされない生活を送っているか、それは確かめるまでもない。
おそらくそう長くないだろう。
もちろん、僕はこの男を手助けするつもりはまったくない。

占星術は真面目にやるとこういう凄まじいものが、当たり前のように現われる。
こんな鑑定、5万円、いや、10万円もらってもやりたくはない。

もちろん、1080円の簡便な鑑定では、そこまで深いところはやらない。
しかし、それでも、悪くするとそれでもえもいわれないものが鑑定結果に出たりする。
そして、それを言ってしまったほうが「当たる」というのもわかっていながら、やはり言わずに済ませてしまう。
最低限度のことだけを言って済ませてしまうのである。
ひとつには、ホロスコープに出ているからと言って、必ずしもそれが現実になるわけでもない、というのがある。
可能性として、こうした傾向にある、というだけの話であって、100%ではないからだ。
だが、残念なことに、鑑定に来るからにはそれが現実になっているケースが大半だったりする。
たぶん、当たっているな、コレ、と思いながら、僕はやはりすべては言わずに終う。
そういうときの鑑定は、やっぱり、アア、この鑑定士は無能だ、という顔をされてしまう。
そして僕は、絶望させるよりそのほうがマシだ、などと思っていたりするのだ。

こんな人間は、占い師なんぞやってはいかんのだろうな。
真面目にプロ作家を目指そう、そう思う今日この頃である。
大占術 2016.02.23 (火)
率直に書いてしまうが、最近、ボクは自分のココナラでの仕事に懐疑的である。
他人の悩みを聞いて、解決の方法を一緒に考える、こういう仕事が多いのだが、あまり意味がないような気がしてもいる。
ここだけの話、

この依頼者さんにとって、この悩みは解決しないほうがいいのだろう

こんな感じのする人がかなり多い、というか、大半がそんな感じなのである。
きっと本人は本気で悩んでいるつもりだろうし、実際にも悩み苦しんでいて、心の救いを求めているかとは思う。
モヤモヤする、スッキリしたい、誰かに聞いてもらいたい、それもほんとうなのだろう。
しかし、心の奥底、無意識の部分では、悩みの解決を求めていない、というケースが甚だ多いかと僕は思う。
このような言い方をすると叱られそうなのだが――。
当節は人権の時代である。
弱いこと、他人に劣ることは罪ではない。
むしろ、それは他人に対する優位、アドバンテージですらあると言ってよい。
万人の自由と平等を金科玉条、無条件の善と規定する現代社会においては、弱者は守られなくてはならない。

たとえば、先日、市バスに乗っていると、70過ぎのご老人が僕の前に座った。
片手にワンカップ大関、真昼間から堂々の酔っ払いである。
股を大開にして横へ手荷物、二人分以上を悠々占拠した挙げ句、隣の青年に膝をガンガンぶつけて、
何度も舌打ちをして、

狭いわ
あんた、もうちょっと向こうへ行きィな


青年が憤慨して抗議……まァ、ほぼ喧嘩なのだが、すると、そのご老人の言い草はこうだ。

か弱い年寄りに暴力振うんか

どちらが弱者なのかわかったものでもない、という感じである。
今の世の中は弱者になったもん勝ち、悩んでいて苦しんでいる、常に傷ついているほうが生きやすい、そんな感覚が、誰も心の根深いところに潜んでいるのではないか、という気がするのだ。

そろそろ執筆をやろうかと思う今日この頃。
ココナラでは、もうあまり頑張るまいか、と思っているところである。
まァ、僕はあまり占い師には向いていないのだろう。
雑記 2016.02.22 (月)
去年は結局、短編一本を書いたのみで、まるで奮わなかった。
家庭問題で揉めた後始末が忙しく、一年を棒に振ってしまったような具合である。
ココナラでの占い商売もだいたい先が見えてきたこともあり、そろそろ執筆を開始しようか、というところ。

ココナラ商売ブログはマメに更新していたのだが、最近、バイオダイナミクス農法をダイエットに応用する、ということを思いつき、あちらでは毎日毎日、健康予報である。
毎日更新するから、せっかくしっかりと書いても24時間以内に過去記事になってしまう。
それもなかなか悔しくもあり、何か気ぜわしくもある。
ゆっくりと書く場所はこちらにしようか、と思った次第である。

やっぱり僕はアメブロとどうも肌が合わないような気がする。
あそこは文字を書くスペースに余裕がない。
書いているとどうも文章が寸詰まりになり、息苦しくてたまらない。
しかも、と言ってはなんであるが、ピグだのスンモーだの、よくわからんキャラがブログについていて、なんというかウザい。
編集だの商売屋だのからホイホイとメッセージが来るわ、アメブロはまことに落ち着かない。
そして、これが何より重要なのだが、ごちゃごちゃ凝っているというのに、ブログのテンプレートにろくなものがない。
あっちではもう、開き直ってガッチャマンで通してしまっているという具合である。

ココナラのほうからこちらへのリンクはつけるつもりはない。
というのも、ココナラからこちらへ来ることができるようにしてしまうと、ココナラの同業者が偵察に来てしまうのだ。
この同業者というやつが実に気詰まりな連中で――。
鵜の目鷹の目で、他人のブログを読みあさっては、いつもこちらの商売の手の内を見極めようとする。
使える、と思うアイデアだの占術に対する見識があると、それを盗んで、さも自分が見つけたことのようにすぐに言う。
そして、他方では、どこぞの掲示板で僕の悪口を書いて、僕の商売の足を引っ張るのである。
とにかく、スピリチュアル系、と呼ばれるジャンルの連中とは関わり合いになりたくない。
どうやったらこんなに腐った人間になれるのか、と首を傾げたくなるようなのばっかりである。

これからはこちらでのんびりとブログをやるつもりである。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。