FC2ブログ
スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大占術 2016.03.08 (火)
あっちのブログとココナラは放置することにした。
この一年半ほど占い師をやって、しみじみ己という人間の具合の悪さが身に染みてしまった。
もはやこれ以上、己の傷に塩をすり込むような真似はするまいぞ、今はそんな気分である。

ホロスコープ的に言って、ボクの生まれつきはもの凄く変である。
どう変であるか、それは一口に言い表せない。
とにかく、一々長所の部分が使えない、あるいはそれを使うとドツボにはまる、という星回りなのだ。
まず、知性と忍耐、敢闘精神、それからバランス感覚がいいらしい。
そして、これが抜群なのだが、霊感と直観力!
このボクには、適性の高い職業が三つある。
まず一番性に合っているのが軍人、その次が学者、オシマイが占い師だ。
軍人、というのはホロスコープにはっきり出ている。
ま、軍人に適性がある、というのは、人間としては最高の賛辞に等しい。
軍隊の指揮官は頭脳、身体、精神、すべてにおいて卓越した資質がないと務まらないからナ。
裏を返せば、指揮官になれるぐらいの人材は、能力だけを言えばたいがい何でもできる、というこったョ。
知的な側面を重く用いれば学者、戦場での直観力(霊感)のほうを伸ばせば占い師、こういうことである。

うほっ、ボクってイケてるw

このように思いたいところなのだが、軍人と学者、この二つは、たしかにかなり成功するらしいのだが、

「上から睨まれて潰される」
「悲惨な死に方をする」


というのも付いている。
これには身に覚えがあって……。
小学校の頃から、ボクは上からのお目見栄が非常に極端である。
ものすごく評価してもらえるか、蛇蝎のごとく嫌われて弾圧されるか。
どっちかしかない。
実は大学生の頃、自衛隊の幹部候補生も学者も、どっちも考えたことがある。
しかし、自分は組織人に向いていない、そう思って諦めた経緯があるのだナ。

で、組織人ではない占い師、もうこれしか残っていないのだけれども。
これも非常に適性が高いようで、霊感に関する暗示がすべて揃っている。
全部だ。
ひとつでもあったら占い師か霊能者、みたいなのが、全部並んでいるのだよ!
そう、超霊感体質。
ところが、別の暗示では、

霊感はカネに結びつかない

……飯のタネにならんそうである。




どうやったら飯が食えるようになるか?
それもホロスコープには出ている。

人前に出る目立つ商売
気持ちイイ☆
愉しい♡


……とても嫌な星回りである。
ものすごく恥ずかしがりなので、とにかく人前に出たくない。
そして、ホロスコープにあるボクの弱点もそこらで、

人前に出ること、目立つのは大嫌い

つまり、ボクの一番得意なはずの知性も敢闘精神も関係ナシ
嫌でたまらないものが一番儲かる



飛行機にたとえていえば、だ。
戦闘機として設計してあるはずが、


戦場にはまず不向き
それで出撃したらきっと死ぬ
一番イイのはサーカスの曲芸飛行


こんな感じだろうか?


この一年半ほどココナラ占いやって痛感したョ。
やっぱ、占星術って当たるもんだナって。
鑑定屋ったら、当たる、当たりってみんな喜んでくれるんだぜ?
実際、お悩み解決したとか、絶対に辞めないでくれとか、いっつも言われる。
だけど、ぜんぜん依頼が来ない

そりゃまァ、問題が解決したら占い師なんか必要ナイョ。
自分で自分の首を絞める占い師――そういう言い方もあるかもわからん。
やっぱ、これで喰おうなんて、考えるもんじゃない、そんな気がしているところである。

ま、占いは開店休業状態でもういい。
ボクはこういうのでは喰えない男なのだろう。
アレはこのままほったらかしにして……やっぱり執筆に専念しようかと思っているところである。
スポンサーサイト
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。