FC2ブログ
スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大占術 2016.03.13 (日)
ココナラからはこちらのブログへは到達できない格好になっている。
それは、ココナラ同業者に読ませないため、気楽に占いの話も書くつもりだからである。
連中がナニをやるかって、ボクの語り口まで盗んでもっと素人ウケのいい霊視サービス、挙げ句にレディスピで

黒サンタって、霊視の●●●●さんにそっくりですよね

なんて書いてくれたりするわけダ。
つまり、ボクが真似をしているまがい物、本家はこっち、こういう印象操作だナ。
サービスのスタイルもそっくりなのだそうである。
文体はブログの記事を読んで研究したんだろ。
占いでも売り文句でも、あいつらはすぐにパクリをやるからナ。
他人のパクリしかやらん奴らのことだ。
チンチンと胃袋しか使わない生活のせいで、知能の発達がホタテ貝の脳味噌レベルで止まっておるのだろうナ。
ま、たぶん、実はカネ儲けがやりたいのではないのだろうと思う。
テメエの頭がクソ過ぎるから、まともに頭を使ってる奴の邪魔をしたい、それだけだろ。
パクって安売り、それで相手より上になったら

気持ちイイぃぃぃぃ☆

……ホント、スピ屋ってこんなのばっかりだよナ。
幼児体験の悪い奴とは関わらないのがイイ。
こっち見んな、シッシッ、である。


さて。
この間から自分のホロスコープをずいぶん真面目に見ているのだが、先日は変なものを発見してしまった。
なにのどこをどう読む、という話はともかくとして、どうやらボクは、

ワンコに興味を持たれる

というような暗示があるらしい。
好かれる、というのとはちょっと違う。
ワンコがボクを見ると、

貴様はオレのボス犬になってみる気はありませんか(´・ω・`)

このようにアピールしたくなる……感じらしいのだナ。
言われてみれば、ボクは昔からワンコには好かれるというか絡まれるというか。
何かと言えば吠えられるし、友人らと歩いていて犬がやってくると、必ずボクのところに来る。
気立てのいいワンコだったら目を白黒させながらシッポ振って飛びついて来るし、好戦的な奴なら襲いかかって来る。
とにかく、ワンコという連中は、ボクを見るとスイッチが入ったように夢中でじゃれて来るので……日頃はワンコと目を合わさないようにしているのだが、それでも真っ直ぐこっちへ来るのダ。

ワンコに好かれる、という星の配置があるのなら、占星術的にニャンコに好かれる宿命はないのか、と探してみたが、どうやら占星術にそういう暗示はないらしい。
しかし、よく考えてみると、実はニャンコにも……よく絡まれる。
これもリクルート系で、面倒くさがりのボクは道端のニャンコに興味などは示さない。
しかし、向こうのほうはそうでもないらしく、塀の上をターッと走ってきてボクの前にひょいと着地、足下でゴロニャン、なんぞとやってくれるわけダ。
なんだ、このネコは、と捨て置いてそのまま行くと、ネコのほうでは

シマッタ

というような顔をして、またターッと走ってきてボクの前に回り込み、ゴロニャン。
どうかすると通り道で同じネコが待っていたりすることもある。
そういえば、という話のついでに書くと、見ず知らずのネコが追いかけてくる、待ち伏せている、と知人のネコ好きに言うと、

そんなのナイナイ

とのことで……ここまで、というのは珍しいようだナ。
もしかして、この星回りって、ニャンコにも?

そう考えてみると、実は馬にも……。
時代祭とかを見物にいくと、いつも行列のサラブレッドに目をつけられる。
必ずガンを飛ばして威嚇して来るのだ。
六甲山で木曽馬には噛みつかれた。
性格の悪いサラブレッドとは違い、一応は友好的な態度だったらしいが、それでもあれは痛かった。
柵越しに眺めていると、たくさんいろんな人がいるというのに、なぜかじわじわとボクの目の前までやってきて、馬躰を柵に横付け、

撫でろ

と目に言わせて横目でこっちを見るのだナ。
で、鼻面に手を伸ばすと、掌を唇でハミハミ……奴らの口元はやけにソフト、どうかするとワンコよりソフトである。
ああ、懐いているのかナ、と思っていたら、いきなり

ガブ

まあ、あの体格、あの歯のことだ。
もし奴が本気だったら、今頃ボクの指は二本か三本ぐらい欠けていたことだろうと思う。

と、ここまで書いて、ほかに生き物に好かれるケースを考えてみると、人間の乳幼児である。
公園で煙草なんぞをやっていると、三歳か四歳ぐらいの女児に熱い視線を送られるなどして困惑する、というのがよくある。
下手に絡まれて、ロリコンだの変質者だの言われても困るので、おぢさん、そういう気分ではないので、と視線を合わせないようにしていると、顔の前まで回り込んできて、じーっとこっちを見ていたりするわけダ。
男の子でもそういう感じで、気を許すといきなり跳び蹴りを食らわされたりする。

ま、しかし、オトナは……いわゆる典型的なオトナ、というのはボクのことは嫌いだナ。
常識が無いとかアブナイとか。
肌感覚でモノを考えない奴とは仲が悪いからナー。

この、ワンコに興味を持たれる、というのは、

肌感覚の付き合いの好感度

を示す星回りなのかしら……。


スポンサーサイト
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。